禊。

先日の修養団での集まりごと。 
修養団は素晴らしい。全てに優しい。
実に気持のいいところでした。
凝り固まった己を解放し、
元気で健やかに自分の道を進むのみ。
あ!宗教じゃないですよ(笑)あしからず。

それにしても撮影には魔物が棲む・・ 
なぜかシャッターが切れない、ストロボが光らない・・・ 
肝心なところでたまに起こります。
f0349904_15123431.jpg
f0349904_15132906.jpg

[PR]
by ShoelessEarth | 2014-06-27 15:26

いざなわれし癒しの宮

世界の縮図の日本。


日本の縮図の淡路島。


淡路島の一宮である伊弉諾神宮。


究極のイヤシロチにあるこの上なく心温まる宮。


その中でも特に私の心を惹き付ける夫婦大楠。


双樹は各所でけっこうありますが、


ここの夫婦大楠はバランスが絶妙で実によい。


太さも貫禄も樹齢約900年に相応しい巨木の部類。


にもかかわらずこの絶妙なバランスでの互いの共有感。


天に向かって伸び茂る太い枝と初夏の青々しさも美しい!


両木どちらも主張しすぎず、迷惑かけず(笑)


伊弉諾神宮はイザナギ&イザナミ様の夫婦主祭神。


まさに魂が宿った夫婦大楠なのです。


両祭神の真東のはるか先には娘(息子)である天照大神の総本社の伊勢の神宮が。


悠久の時を越えて、古よりの叡智から今を生きる術を学ぶ。


宮は己を問う場。


シャーマニズムフォトは心を洗う。


エネルギーの通り道へ。


f0349904_09531420.jpg
f0349904_10330547.jpg

[PR]
by shoelessearth | 2014-06-18 10:41

夏を追いかけて

 さてさて・・(●´人`) 


明日からの一週間、三重県は晴れマークが並ぶんです。 


今日だって程よく晴天です。 アッツイワ〜 


梅雨入り後こそ、ジメジメとそれらしい毎日でしたが、それもつかの間。 


なんだか空梅雨の予感ではありませんか・・・ 


晴れるのはいい事ですが、らしくなさには戸惑うばかり。 


向日葵と並ぶ大好きな紫陽花がなんだか元気なさげでかわいそうです。 (´。`) 


中途半端な画像(笑)は大好きな鎌倉の由比ケ浜。 


今月末あたりに数日、湘南に写真トリップを予定してるんですが、 


あれこれやることがあって少し延びそうな感じです。 


夏を追いかけるには梅雨時期を見届けるのが大事です。 


夏が楽しいと、秋のさみしさもこれまた格別です。




オメラスの犠牲のもとに私の生活があるのか・・・?


なんて昨日は思ってしまいましたが、あれまた深い話です。


人が謳歌する地球を撮りたい。


まあなんだか心の声ブログになってきました(笑)


f0349904_14373258.jpg

[PR]
by ShoelessEarth | 2014-06-12 15:23

コントラストを求めて

副業で始めたエビ屋さんが9月で5周年を迎えます。ヾ(●´∀`●)

人に説明する際に、食用?とか伊勢エビ?とか言われますが、約2㎝程のレッドビーシュリンプという鑑賞エビです。 

店頭価格は最安で10匹3999円 お高いもので1匹5000円くらい・・・(*бωб*) 上にはもっと上も入荷します(笑)


平たく簡単にわかりやすく伝える場合は、熱帯魚屋さんみたいな感じの商売と言ってます。


まだ店舗として古着屋をやってる際に、お客さんから進められて飼い始めた小さなエビちゃんが巡り巡って立派な商売になったんです♫


副業と言えば・・・大阪でカメラマンのアシスタントとか観光写真業とか色々やってたんですが、その頃にバイトでやってた、アメリカ村の古着屋の好景気に後押しされて、写道そこそこに古着屋も副業で開業しました(笑)あさはかな20歳の挑戦でしたが、3ヶ月目から雑誌とかの影響で上り調子!それはそれは結構な毎日でした♫  ほんと感謝でした。


ここ近年、副業で気になるのは広告関係なんですが・・・(笑)


まあ副業が上手いのか下手なのかは別として、本業は写真を撮る人ですわたくし。彡(-_-;)彡


昨日、一昨日と天気予報はずれまくりで結構ええ天気だったんですが、特に一昨日の夕暮れがなかなかの写真日和だったのに、刻々と日が落ちて撮れませんでした。


これを書いてる今もあれこれ考えてるんですが、天気の雰囲気次第で気になってるポイントに出かける予定ですヾ(*゚ω∩*)


写真日和と言っても晴れてるから単純にいいわけではなく、自然の奏でるコントラストが重要なわけで。


その瞬間に立ち会える人であるかどうかということです。


そういや火星の夕焼けは青いみたいですね (^ω^人)


まあ火星もいいですが、地球どころか日本が素敵すぎるので、
まだまだ当分は日本でしゃごころ磨いてシャーマニズムフォト目指したいものです!

 
赤と白の濃さとコントラストが美しい〜!!こんなえびなんです♫ローキーズ三重です(笑)
f0349904_14552232.jpg

[PR]
by ShoelessEarth | 2014-06-09 15:12

未知なる宮を目指して

画像の整理をしていたら、珍しい雪の日の神宮のお写真が。 


外宮内にある別宮の風宮ですが、意味深いのは階段上にある多賀宮。


内宮の荒祭宮が本質の宮なら、外宮では多賀宮がそれにあたるはず。


さらにファインダー越しにどうしても覗きたいのがこの先の外宮山頂にある古墳・・・
心のファインダーでは既に頂上に到達してますが、体は全くもって行く事が出来ません 修行不足(笑)


江戸時代は参拝可能だった様ですが、その後なぜかは閉鎖、
3年前に考古学者の数人の連中が入ってからはおそらく公には誰も入ってないはず・・・
本宮伊雑も去ることながらに、外宮山頂こそ本宮なのでは・・・


最近妙に山が好きになってきましたが、これはこれこそ流れは必然(笑)


森羅万象を撮り解くならばあそこは必見なんですが・・・


まああせらず道開きを待ちたいと思います。
f0349904_16154569.jpg

[PR]
by ShoelessEarth | 2014-06-06 11:01

梅雨とシャーマニズム。

伊勢も明日あたりから梅雨へ。


澄み渡る青空と数日間会えないと思うとけっこう寂しいものですね・・・


中学二年の14歳の頃、10日間ほど連続雨で、大好きなリーバイスのデニムが乾かなくて穿けない・・・
それがすごく嫌だったのを、この時期になるとほぼ毎年思い出してる気がします。


あれから24年・・・


青空や、夕日、星空、お月さんのない中で限られた美観を探します。


写真は楽しい。 けどめっちゃ難しい。


撮るということのどこかの部分でシャーマニズムがあるようなそんな気になりました。


この感覚は今日の私のけっこうな収穫です!


写真は一昨年の花火 今年は去年のリベンジ。花火は梅雨の後!
f0349904_15320216.jpg

[PR]
by shoelessearth | 2014-06-03 23:35

武神様との出会い

 いつになくブログ快調に書けてます〜♫ 
 
 
今日は昨日から思い至ったちょっとした店舗の改装に向けて創造膨らませていますヾ(・∀・)ノ
 
 
それにしてもなんにしてもお外は熱気ムンムンの真夏日です・・・ 
 
 
やる事は本業副業その他諸々、いっぱいあるんですが、思う様に進みません。(uωu;A)
 
 
優先順位を紙に書いて、順序よく一個一個確実にこなしたいものです。
 
 
そういえば最近サイキックな東北在住の友人に言われました・・・  
 
 
商売はそれほど上手くないけど、仕事は上手く行くと・・・! (・ω・;)
 
 
微妙な言い回しですが、私的にはピンときたわけで、確かにそんなところはあるなと。
 
 
私のいつかの前世である『武神』が今生の人間形成にだいぶ関わっている様で、それゆえの今をひしひしと感じた次第です。 
 
 
奇想天外な行動ながら誰からも好かれる変わり者とも言われました(笑)
 
 
お面を集めてるとも言われました・・・ 。゚゚(´□`。)°゚。  
 
 
神に背いて国を出たアウトローだとも言われました。
 
 
その際に6頭の馬を持たされたようで神様との喧嘩別れではないとのことに一安心・・・ (xдx;)
 
 
勢いがあって走り出したら止まらないとか・・・そのお馬さん達が関係してる様です。(笑) 
 
 
不思議なことです。 
 
 
そういやその武神の方(私とも言う)黒髪の長髪で魅力的な人の様です♫ (●’艸`*) 
 
 
写真は黄泉の国、熊野の丸山千枚田。 いつか召されたらば武神様に会いに行きます。
 
 
そういえばそのやりとりを繋いでくれたのが白い雌鹿だった様です・・・  
 
 
春日大社と蘇民将来もキーワードで出たのでお参りにいかなくては・・・
 
 
今をありがとう。  さあ仕事だ仕事! (`Д´*)9
f0349904_13141139.jpg

[PR]
by ShoelessEarth | 2014-06-01 14:03

当時の恩師にそそのかされて写真の道に入ったのが17歳。19歳の時、ミャンマーの民主化解放指導者アウンサンスーチー女史に感銘を受けて、一眼レフ二台を持ってミャンマーの首都ヤンゴンを目指してタイからカンボジアを目指すも途中で資金不足でやむなく帰国(笑)あれから紆余曲折ありましたが、古着屋、エビ屋を経由して、ようやく本道へ。さてさて!

by 田島源夫写真事務所
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30