<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

6号線の先。

本日晴天ですが夏のそれはなく  すっかり秋な伊勢。 福一横の6号線開通の事で頭がいっぱいな私です・・・ 

3.11・・・大惨事とはうらはらに澄み渡った東北の星空はどんなものだったのでしょうか。

3年半経った今、その時を撮り治める事は出来ませんが、近々ようやく行けそうな気がします。

先日時価総額25兆円で上場したアリババの社長の言葉ではないですが、想いは叶うようです。求めすぎなければ(笑)


f0349904_13040645.jpg

高感度すぎる星景写真より夜感がある絵が好きです。子供の頃からの深夜徘徊癖は今に好影響(笑)


f0349904_13095348.jpg

現界と聖域を分ける宇治橋の撮影はこの先にプラン有り・・・カメラ落とさずに良かった(笑)


f0349904_13190116.jpg
 
先日の戦場ジャーナリスト志葉玲氏の話から、なんだか昔の自分を思い出さされました。私はジャーナリスト志向ではないですが、メッセージ性のある写真が好きなので、背景にあるフィールド感は同じ気がします。志葉さん!やる気をありがとう♬
[PR]
by ShoelessEarth | 2014-09-23 13:58

月の人と私。

1000年程の過去へ意識旅行しても月は地球の傍にあるようで。


太陽と月と大地。先日の鞍馬イズムが体に染み付いて5月の満月祭が待ち遠しい私です。


世の仕組みは3であり宇宙史抜きには語れない壮大な青い地球ともっと大きい銀河系です・・・(*-ω-*)


NASAが宇宙にも持って行ったカメラ、ニコンD3S。2モデル前になりますが名機でしょう。


ずっと欲しいようで、違うようで考えてましたが、やはり必要かなと思う様になってきた今日この頃。


でも色々考えるとD4かなとか、いっそ4Sか5を待つかとかあれこれ考える秋の夜長です。(笑)((ヾ(○・ω・)ノ☆・゚::゚


お月の次は高貴の惑星、金星ウォッチングです!
f0349904_08120808.jpg
 神宮程近い蘇民将来の上空に昇り始める9月のスーパームーン。 
私であるようで私の大事な大神様。武神様の住処を明るく照らしてくれます。 

f0349904_08170961.jpg
スーパームーン前日の昇り始めの赤いお月。 


 
f0349904_08162529.jpg
 スーパームーン2日前のお月様。薄暗さががまたよろし。  


f0349904_08113814.jpg
これ以上寄ってしまうとあいつが写ります(笑)


f0349904_08125223.jpg
 神宮と月。この日の鳥居前はそっち系の人多し(笑)


f0349904_08591204.jpg
 関西某所ハイウェイムーン。 


f0349904_09032056.jpg
 神宮神田とお月。ちょっと時間早かったですが14mmの恩恵でフレームイン。鳥居がちょい薄いかな。。
[PR]
by ShoelessEarth | 2014-09-15 09:31

魔王の言葉

ただならぬ寺。鞍馬寺。


宇宙と一体化する鞍馬の山。


魔王の言葉はあたたかい・・・


こんな事を書いているとなんだか怪しまれますが、


この山一体は本当にすごいパワーを放っております。


表現手段として写真を撮る場合、


その対象物への尊敬の念と好奇心が必要です。


ここは興味津々、頭の中は鞍馬でいっぱい(笑)*Θ∀Θ)σ


魔法使いの様な老婆。


信楽香仁女史?のお経も幸運にも聴けたので


ここの秘祭・・・


来年のウエサク祭に魔王の元へ伺います。


天照が男神ならば魔王は天使でしょうか・・・Σ(・ω・ノ)ノ


この世はおもしろい。





f0349904_12415709.jpg


f0349904_12405099.jpg


f0349904_12425653.jpg


f0349904_12440531.jpg



[PR]
by ShoelessEarth | 2014-09-04 13:07

当時の恩師にそそのかされて写真の道に入ったのが17歳。19歳の時、ミャンマーの民主化解放指導者アウンサンスーチー女史に感銘を受けて、一眼レフ二台を持ってミャンマーの首都ヤンゴンを目指してタイからカンボジアを目指すも途中で資金不足でやむなく帰国(笑)あれから紆余曲折ありましたが、古着屋、エビ屋を経由して、ようやく本道へ。さてさて!

by 田島源夫写真事務所
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30