なつやすみ!

 神宮猫。 
f0349904_09035274.jpg
 

 誰が創った内の宮。     
f0349904_09151815.jpg
 

日出ずる伊勢。 
f0349904_09292440.jpg

現在エビ屋はオフ。写真業は100Pブライダルフォトブックの最終仕上げ中♫  
 
さあ夏休み! この夏は思い出のマーニーと湘南だ。(笑)ヽ(´▽`)ノ
[PR]
# by shoelessearth | 2014-07-18 09:36

 あー台風風びゅーびゅーな伊勢地方。 


こりゃもちろん人口台風ですな・・・(笑) 


こんなおおきな渦巻きないですって・・・


ほんと連中ときたらあれこれやらかしてくれます。


自分の思いとはうらはらにあれこれ問題は起きますが、 


どーんと受け入れて参りましょうか。私の人生。


悟りの境地はオールOKという事でしょう。


聖者にはなれませんが、善人の枠内で生きていきたい・・!(笑)


カルマと言えばそれまでですが、これまで自分自身もたくさんの人に支えられてきました。


なので私も人を支えて、それを力に換えてまた一つ大きくなろうと思います。


あんまり考えすぎると駄目ですね人間ていうのは。直感優先で挑むべし!


青いそらの下で負い目ゼロで生きれればそれだけで上等の人生でしょう。


天の川撮れませんでしたが、明日明後日の晴れ夜空を狙います〜♫楽しみだ!


トウモロコシ撮ってる場合ではないのですわたくし(笑)
f0349904_11332416.jpg

[PR]
# by shoelessearth | 2014-07-10 11:49

絶景ハント。

 お手本の様なよくある光景を撮る難しさ 
まずあのカメラマンだらけの密集地帯に入れない(笑)

夏至の時期の二見はカメラマンだらけ〜

f0349904_12555018.jpg


このお方(笑)

出会ってお喋りして

数分での一枚。

こりゃじっくり撮りたい彼ですわ!
f0349904_13000839.jpg


この場所も何回も通っても同じ夜でも 
同じ夜宮は撮れないという事です。

f0349904_13080563.jpg


だから今日も出歩きます。(笑)Σ(・ω・ノ)ノ
[PR]
# by ShoelessEarth | 2014-07-02 13:12

禊。

先日の修養団での集まりごと。 
修養団は素晴らしい。全てに優しい。
実に気持のいいところでした。
凝り固まった己を解放し、
元気で健やかに自分の道を進むのみ。
あ!宗教じゃないですよ(笑)あしからず。

それにしても撮影には魔物が棲む・・ 
なぜかシャッターが切れない、ストロボが光らない・・・ 
肝心なところでたまに起こります。
f0349904_15123431.jpg
f0349904_15132906.jpg

[PR]
# by ShoelessEarth | 2014-06-27 15:26

いざなわれし癒しの宮

世界の縮図の日本。


日本の縮図の淡路島。


淡路島の一宮である伊弉諾神宮。


究極のイヤシロチにあるこの上なく心温まる宮。


その中でも特に私の心を惹き付ける夫婦大楠。


双樹は各所でけっこうありますが、


ここの夫婦大楠はバランスが絶妙で実によい。


太さも貫禄も樹齢約900年に相応しい巨木の部類。


にもかかわらずこの絶妙なバランスでの互いの共有感。


天に向かって伸び茂る太い枝と初夏の青々しさも美しい!


両木どちらも主張しすぎず、迷惑かけず(笑)


伊弉諾神宮はイザナギ&イザナミ様の夫婦主祭神。


まさに魂が宿った夫婦大楠なのです。


両祭神の真東のはるか先には娘(息子)である天照大神の総本社の伊勢の神宮が。


悠久の時を越えて、古よりの叡智から今を生きる術を学ぶ。


宮は己を問う場。


シャーマニズムフォトは心を洗う。


エネルギーの通り道へ。


f0349904_09531420.jpg
f0349904_10330547.jpg

[PR]
# by shoelessearth | 2014-06-18 10:41

当時の恩師にそそのかされて写真の道に入ったのが17歳。19歳の時、ミャンマーの民主化解放指導者アウンサンスーチー女史に感銘を受けて、一眼レフ二台を持ってミャンマーの首都ヤンゴンを目指してタイからカンボジアを目指すも途中で資金不足でやむなく帰国(笑)あれから紆余曲折ありましたが、古着屋、エビ屋を経由して、ようやく本道へ。さてさて!

by 田島源夫写真事務所
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31