ひめゆりとあの夏





6.23沖縄慰霊の日。






今年も一週間ほど、梅雨明け直前に来沖。






ここにきて、ふと想うところがあり、ひめゆりの塔に寄ってみましたが…






あらためて、その沖縄戦の戦争経験なんかを見たり聞いたりするわけですが






やはりここは、涙なしでは回ることは出来ずで…いろいろ考えてしまいます。






戦地に関わりなく、戦争の一番の大罪は、人の尊い命が次々と奪われてしまうこと。






そしてそれから、死といってもさまざまで、その瞬間が訪れるまでは一瞬だったり長かったりと






夏季のうだる暑さの中、負傷しても手当てのしようがなかったり、隣の誰かに砲弾が当たって瀕死状態だったり、






負傷した友を放置せざるを得なかったり、皆のため、赤子の口を塞ぐしかない様な究極の状況もあったそうで…






この現代。どっかのあいつが腹立たしいからと、『一発くらわしたったらいい』なんて思ってしまう事もありますが、






時代が変わろうと、平和維持は絶対の絶対であり、平和ボケ72年… おおいに結構だったりするそんな心持ちです。






大好きな沖縄の青さを未来永劫に残していきたいものです。




f0349904_15323267.jpg
          肉体を纏う魂の意味とは…





にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



出張撮影は伊勢を中心に、京都、鎌倉、沖縄 全国どこへでも!田島写真館・田島源夫写真事務所



[PR]
by ShoelessEarth | 2017-07-04 15:41

そよそよと





起床は2時22分。





ゾロ目に起きるのはよくあること。





決してスピリチュアリズムは関係ない。(笑)





そして、畳の上に寝っ転がりながら





こんなブログを書くなんていう一種の贅沢。





ザーザーと南国の雨音が心地いい。





多分あと20年くらいの文明の進化を見届けたら





それより先の進化にはついていけないだろうし





興味もなくなり、余生を生きているはずであり





わたしに限っていうならば、





五人兄妹の最後の祖母がこの世を去ったことで





その世代は一時代を終えたわけであり、





魂はまたそよそよと風に吹かれながら時を待つわけで・・・





創造主と世の仕組みを確信しながら生きる事は





地球で暮らす私たちに必要不可欠な事でしょう。





笑顔で気楽に生きるには最適な神との二人三脚。





人生を彩り、道を開くのは、きっとこの感覚。





脳内は支離滅裂しっぱなしだ。(笑)






f0349904_06315784.jpg
おかえりシーサー。




にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



出張撮影は伊勢を中心に、京都、鎌倉、沖縄 全国どこへでも!田島写真館・田島源夫写真事務所




[PR]
by ShoelessEarth | 2017-06-21 05:28

内在神と内なる鬼と





今日は早朝撮影まもなく。晴れて一安心。(゚ω゚)ノ ハィ







明日も早朝撮影なのですが、どうやら雨っぽい様でちょいと心配・・・







雨天での撮影に、快適さをもたらす雨具が、ずっと欲しいと感じてたものの







雨予報の寸前に、『パタゴニア』で頼んでも、すぐには届かないんですよね〜 (・´ω`・) 困ッタナァ…







ちょうどSALE中だし、ええのんポチっとしてしまおうかな〜 でもお高いしな〜( 。-ω-)-ω-)-ω-) ウーン・・・







やっぱり決断力がちょっと弱いかな〜わたくし  やっぱりあの人に言われた通りだなこれでは・・・・゚・(;´゚д゚)ゞ・゚・







湘南の仕事が急遽入れば、鎌倉のパタゴニアでじっくり雨具選び出来るんだけどな〜 








行きたいけど我慢なんでしょ。はいわかってますよ。 そんな時期なんですよね〜今は (((uдu*)







豆まきも終わりましたが、なにごとも、ドライにスピーディーに、ガンガン進めていきたいですね〜








『福は〜うち〜!!』   だな。 ヾ(o´▽`o)ノ))





f0349904_17445984.jpg
  かすむ砂浜。 今は我慢我慢。想像力を磨く時・・・だな(笑)




にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



出張撮影は伊勢、京都、鎌倉、沖縄 田島写真館・田島源夫写真事務所




[PR]
by ShoelessEarth | 2017-02-04 08:40

鍋と寸胴と明日




鍋なんか検索したりして。(゚ω゚)







次はついに寸胴が必要になりそうだ(笑)







わたしは実に欲張りで、あれもこれもやってみたくなる。







でもいいじゃない別に。







大切な盟友である『松方氏』を亡くした『梅宮氏』も言ってました。







荼毘に付された後、遺品も花も残らず、ただ骨だけバラバラになって出てきたと。







悲しいし、寂しいと・・・







火葬場で感じる命の儚さには、いったい命とはなんなのかと考えさせられます。







重要なのは魂で肉体は借り物で入れ物。魂の旅路はずっと続くので、人との別れは旅立ちだとも言えます。







そうは言っても、当然ながらに、自由に行き来は出来ないのが、この世とあの世であり。







そう考えると、あの人に逢えなくなる淋しさは無情か。







今ある今生に悔いなき様、今日が最後と考えて、時にゆったりとしながらも本気で生きなくては。







兎にも角にも、どんなわけかわかりませんが、わたしは鍋を買うのです!!(-ω- ?)(笑)




f0349904_12510184.jpg
どんな道も険し。されど為せば成るのが人の道でありましょう。でもわたしは幸せだ。




にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



出張撮影は伊勢、京都、鎌倉、沖縄 田島写真館・田島源夫写真事務所



[PR]
by ShoelessEarth | 2017-01-25 12:58

夜の帳とスタートライン





はじめての家出は小5か小6か。(‘ε’) フーン







深夜に孤独を知り、自身を感じ、黙々と考えるのみの時間。







そんな機能が男児の幼き道には備わっている様で。(*`σェ´*)フムフム







ウトウトと寒さで、時折意識が落ちる中、ようやく母が迎えにやってくる。







ふてぶてしい悪態は残しながらも、睡魔と疲労には勝てず、トボトボと家の中に入る。( ・ὢ・ ) ムムッ







そして包まるいつもの布団の中の暖かさ。 それはそれは何かに守られる温もりとしあわせの瞬間。







『ひとりを強くする』 そう今でも信じる深夜の孤独と、自分を見つめる時間の大切さ。







そんな時間をやり過ごしたのは、もっぱら近場の小学校か、近隣の建物の軒下か。







金八先生も伝え唄う。







『ひとりぽっちになるためのスタートライン』 (*´-`*)ゞ







どんなスタートだ(笑)







前園氏が言う怒りの静め方。 なんとかいうあの方法。







あれをそろそろマスターしなくちゃ、人生なんてやってられません。(-ω-)y







向かう先は敵だらけ?  人生の7割は逆境・・・? (ง `ω´)ง(笑)







いえいえ、そんな風には思いません。







とっても素敵な想い描いた通りの人生ですよ。







そんな創造主の心の中で包まれながら生きる一人間。







苦悩は夜明けとともに、去るものなり。







f0349904_04502503.jpg
来た道をまた戻る。



にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



出張撮影は伊勢、京都、鎌倉、沖縄 田島写真館・田島源夫写真事務所


[PR]
by ShoelessEarth | 2017-01-15 07:48

嫌いな人と嫌な人





若い頃に嫌いな人に言われました。







『オマエは考える力はあるけど決断力がない』と。( ・ὢ・ ) ダメダメ







そうかもしれません・・・と思える事がここ最近もひとつふたつ。







的を得ていた発言だったと自覚もあったから、その人が今でも嫌いなのです(笑)o(*・ω・)ノ







そんな事を考えながらの日曜日。今日は撮影はやめて編集&えび屋に精進です!( ・ω・)ノ オハヨス♪








そして







シーズンオフとは言わせない。







沖縄伊江島を望むロケフォト58000円〜78000円







お写真約500枚全データ+約30Pフォトブック納品なり。








ヨロシクサンキュー!(ゝ∀・。)ノ






f0349904_08180171.jpg
          伊江島よ。






にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



[PR]
by ShoelessEarth | 2016-11-06 08:28

道徳と自由





ゆるさこそ・・・ 








求めるべく最高の心持ちながら








そこに勘違いの青い空と、のどかな田舎暮らしがあってはいけません。








政治を志すものも、流れは汲んだ上で、新しい感覚を取り入れていくもの。








自分も含めですが、勘違いしない様に、時々わが身を鏡で見たり、振り返ったり








自分の姿を日々、客観的に見ていくことが、非常に大切だと思います。








もし百万が一、失敗した時には、誰しも失うものが大きすぎますからね・・・(´・ω・`)








それらを肝に銘じて、謙虚に生きていかなくては、沖縄の青さも吹っ飛びますもんね〜








若くも老いても、決して自由の意味を勘違いしたり、すり替えてはいけません。







f0349904_18480475.jpg
望むは江ノ島。



にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



[PR]
by ShoelessEarth | 2016-10-28 11:19

好転と機転





さ〜て!ヽ(゚ω、゚)ノ







よく出来た、仕組まれた、気まぐれな







私のバイオリズミングが私をあざ笑うように







UPとダウンを繰り返した今日この頃でありますが。







そろそろ夏も終わりに近づき、哀愁的な海辺の季節がやってきました。(笑)







航空券をサクサク検索している自分がいますが、わりと忙しいので予定は未定ですが・・・







そして珍しく車のホイールなんか検索してる自分がいます。きっと人生初w(゚o゚)w







新車でちょっとええのがあるんですが、そんなの買ってる場合でもないので







今の車に変化を与えようとしている感じの自分なのでしょうか・・・







でもこれまでの失敗を踏まえると、この行動は自分的には実に大事であり







それはそれは賢く手堅い選択で、少々成長した自分を感じます。(*’ω`*)ゞ







四年後の東京オリンピック2020では、どんな心持ちでテレビを見ているのか?







はたまた、東京で実際にレスリングあたりを観戦してるかもな、自分の近未来に期待です!d(-ω・。)




f0349904_14114145.jpg
  富士山にでもいこうかしら



にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



[PR]
by ShoelessEarth | 2016-08-24 07:21





盆の終わりはロスマップ状態です。(ノω・。)







新年早々で、一度免疫がついてるので、割と冷静ではありますが。







そんな「SMAP」 彼らは私の感覚では、あらゆる垣根を越えた上での『日本代表』です。 







そんな唯一無二の存在の彼ら。  そして私もなりたくてなれなかった彼ら・・・(笑)







ここにきて、それを創造した者にも、当の本人達でさえ、行く先がわからない。







なぜなら前例がないから。







モメゴトは地球上の生物にはつきものですが、かんしゃくおこして、絶ってしまうのは簡単です。







平和を続けていくのはけっこう大変なことなのかもしれませんね。







だからこそ『SMAP』は世界で唯一の『たった一つだけの花』だったのでしょう。







一度終わって時を経て、また5人揃うのも、グッときますけどね。ジャニーズファンとしてはヾ(´ε `;)ゝ(笑)





f0349904_10104095.jpg
    NONOモメゴト ゆっくりとした平和の楽園に行きたい!



にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村


[PR]
by ShoelessEarth | 2016-08-17 16:30

閃きの椅子





座り心地のいい椅子があります。







アメリカのトイチェアというか、ドレッサーチェアというか。







この椅子でここ最近、夕方にボーッと座っていると、アイディアが湧き出し







なんだかとっても前向きになれる不思議な椅子です。(笑)







最近はとある目標があって、そこに向けてがむしゃらに細かい作業を続けてるのですが







成果もまずまずついてくるようになり、この椅子の力も少しあるのではと感じている次第です。







仕事や作業は上手くなろうというより、気持ちの持ち方、入れ方、モチベーションの保ち方でしょうね。







さて忙しいお盆。実りの秋と新年を目指して、もうちょっと頑張って参ります。



f0349904_18061592.jpg
  さて秋はどこへ行こうかな(*^m^*)
 


にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村


[PR]
by ShoelessEarth | 2016-08-10 18:13

当時の恩師にそそのかされて写真の道に入ったのが17歳。19歳の時、ミャンマーの民主化解放指導者アウンサンスーチー女史に感銘を受けて、一眼レフ二台を持ってミャンマーの首都ヤンゴンを目指してタイからカンボジアを目指すも途中で資金不足でやむなく帰国(笑)あれから紆余曲折ありましたが、古着屋、エビ屋を経由して、ようやく本道へ。さてさて!

by 田島源夫写真事務所
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31