まとわる糸と魂と





今日この時は今生のどのあたりでしょう。







最近はどうにもこうにも、そんなことばり考えてしまいます。







そっと目を閉じたり・・・ なんてことはしませんが(笑)







魂に重きを置いて、いろいろと考えている時、実に心に染みる歌があります。







中島みゆきさんの『糸』で他ならぬ、もはや魂の唄といってもいいでしょう。







心をどこかへ避難させたい時、少々傷心気味の時、意識緩和させたい時には実に心地よく







ゆったり自身を落ち着かせ、深い理解を得たい時には、それはそれは浸透力が抜群です。







言霊の集まりであり、宇宙の唄できっと間違いないでしょう。







ふとももをパンパンと叩くと、私がここに存在していることを感じれます。







そんなこと、当然で当たり前なのかもしれませんが、なんだかそんな気分です。







少し一休みもしますが、人より多めに(笑) 先を急ぎます。



f0349904_03311146.jpg
 この木は宇宙そのもの。あの散りゆく花びらが祖母。また葉になるのが自分かな。





br>
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



出張撮影は伊勢、京都、鎌倉、沖縄 田島写真館・田島源夫写真事務所



[PR]
by ShoelessEarth | 2017-04-19 03:36

当時の恩師にそそのかされて写真の道に入ったのが17歳。19歳の時、ミャンマーの民主化解放指導者アウンサンスーチー女史に感銘を受けて、一眼レフ二台を持ってミャンマーの首都ヤンゴンを目指してタイからカンボジアを目指すも途中で資金不足でやむなく帰国(笑)あれから紆余曲折ありましたが、古着屋、エビ屋を経由して、ようやく本道へ。さてさて!

by 田島源夫写真事務所
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31