赤と白と桃色と





『しょせん人生なんて赤い着物か白い着物』Σ(゚д´;ノ)ノ







そんなことを石川五右衛門(ルパンの方)が言ったか言わないか。(笑)







決してそんなことはございません。人生は苦しくも良きもの楽しいもの。ヾ(・∀・。)ノ







そして赤と白は日本人にとって、そのルーツを探るべく、重要な色合わせであり、縁起ものでもあるはずで。







そしてなにより、結婚はイザナギイザナミから受け継ぎしもの・・・ そう勝手に思っております次第であり。







結婚とは最良の選択。o(*’з’)o” そんなところでしょうか(笑) わたしもまだまだ未熟で道半ばですし。







そして、








『にんげんの頭なんて使えば使うほどよくなるんだ!』







意気揚々と、よりによって、のび太が言った様な言わない様な(笑)







考え込んだり、ぼんやりしたり、そうして寄り添っていければ結婚もまたよろし。(o’ω’o)b







難しく考えてはダメですね〜







明日は京都。紅葉が映える曇り空ゲットでしょ!Ψ(゚∀゚ )Ψ





田島写真館・田島源夫写真事務所 結婚写真はわたしに(笑)


f0349904_04584800.jpg
この日も敬えし大神様は上空にて仁王立ち。まさに巨大神。



にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村


[PR]
by ShoelessEarth | 2016-11-21 05:47

雨上がりと大神様





結婚式なんて遠い先の年齢の話だと







子供の頃は思ったものですが、今や周りは既婚者も多く







確実に、年月は流れているのだと。 そこそこ長生きしてきたと感じます。(笑)







そんなことを考えながら、結婚式の二次会の様子、撮影させて頂きました。







そして今日もまた、雨上がりの強い日差しの中、結婚式を撮影に行って参ります。♪(・ω・)ノ







短時間勝負なので、パパッと確実に、新郎新婦の想いを汲み取り、関係のないわたしの想いを乗せて(笑)







かけがえのない今日を写真にしてみようと思います。





f0349904_13114810.jpg
キレッキレのダンシングでした!((ヾ(。・ω・)ノ☆゚



にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



[PR]
by ShoelessEarth | 2016-11-11 13:51

茄子と玉蜀黍





密かに見守ってきた畑が近所にありまして。







茄子とトウモロコシに目を付けていたのですが(笑)







さっき前を通ったら、トウモロコシが既に収穫済みでした・・・(´・ω・`)







まあ畑泥棒をするわけでは決してないのですが、自分の何と照らし合わせるかと言いますと







充実した状態から変化を試みたくないところであって、自分の往生際の悪いところです。







この畑を勝手につなげて考えると、いつまでも収穫間近の楽しみ控えた状態を維持したい・・といった感じです。







物事にはタイミング、人にはバイオリズムがあるわけで、何事も執着せず、手放しすぎず、スパスパ行きましょうか。







先の人生、自給自足までは考えてはないですが、地に足をつけ、穏やかで心地の良い毎日を過ごしたいものですヾ(*・∀・`)o




f0349904_12501236.jpg
        結婚の新しいカタチを!写真で残す『沖繩婚』58000円〜 






田島写真館 田島源夫写真事務所 HP 沖繩 旅するウェディング


にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村


[PR]
by ShoelessEarth | 2016-07-02 14:19

阿から吽まで。

昨日は大阪。

18年前の夏。汗ばむ腕で
ぎこちなく抱いた生暖かい我が子は
大きく優しく育ってくれました。

子供は親の言いなりにはならないもの。
それは自分が一番知っている。

やってくる命との縁も
いつ終焉を迎えてもおかしくない命と
命のはざまで自らを大きく成長させる
今日の日と、向かい合う魂に感謝感激で、
また新しい自分を見ていきます。




生き先は現世。
自ら選んで生まれる赤子と
それを必然で受け止める親。
記憶は共になくしても
時々よみがえる輪廻の過程。


さて今日は月9を見るぜー!(録画)

視聴率は我が家じゃ100%ということで!(笑)
豊かな自分を作り上げる為の大切な娯楽鑑賞です♬

また支離滅裂なブログでスミマセン Σ(´д`;)










f0349904_17100524.jpg
 18年経つと自分と同じサイズの男が目の前に立つ不思議。100年後二人とも居ないのはもっと不思議。



f0349904_17252866.jpg
朝月。眠りが浅い原因は月のリズムが気になるから。満ちて行きます・・・

f0349904_17264204.jpg
魂の旅の途中。再出発まで40年あったらいいなあ。


f0349904_17170547.jpg
 撮る人であり続ける為には。人差し指が重要。 空に字を書く癖は今も私の感情線。(笑)
[PR]
by ShoelessEarth | 2015-07-21 19:34

オキナワンスピリッツ

人々が南国に憧れるのは

古より受け継がれたDNAに
それらが組み込まれているから・・・

ゆるい時間の流れは、実に心地良く
今回の旅の目的を、着々と達成します。

必要な分だけ必要な物を入手する。
一番小さい幸せと一番小さな不幸せ。

あの人も唄うとおりの人の姿。

龍に呼ばれた琉球だからこそ
夫婦龍がこの手元にいるんです・・・(笑)Σ(・ω・ノ)ノ

f0349904_11001161.jpg
神の島 久高島の朝日。この浜は琉球の両神の通り道・・ 


f0349904_10454209.jpg
久高島の先っちょ。半袖でも大丈夫な日差しの中、ひたすら歩いて辿り着いたのは青すぎる海でした!


f0349904_11572366.jpg
              こちらはアダムとイブ伝説の古宇利島に渡る古宇利大橋にて自前の花嫁(笑)


f0349904_12394506.jpg
夜中は魔物がいるから出歩くな・・・久高島の云われを守り明け方の星景撮影。流れました〜♪
[PR]
by ShoelessEarth | 2015-01-30 12:45

当時の恩師にそそのかされて写真の道に入ったのが17歳。19歳の時、ミャンマーの民主化解放指導者アウンサンスーチー女史に感銘を受けて、一眼レフ二台を持ってミャンマーの首都ヤンゴンを目指してタイからカンボジアを目指すも途中で資金不足でやむなく帰国(笑)あれから紆余曲折ありましたが、古着屋、エビ屋を経由して、ようやく本道へ。さてさて!

by 田島源夫写真事務所