人気ブログランキング |

タグ:深夜列車 ( 1 ) タグの人気記事

果てなき果て





どこまでも広がっているようなこの世界で






詰め込むものが多すぎて、そろそろ処理しきれなくなりそうな。






昔の好きな歌で夢をいっぱいトランクに詰め込んでみたいなのがありましたが。






便利なようでめんどくさいSNSで発信するのも活用はするものの、そこに終わりはなく






着地点がないというのは、ずっとふらふらと飛び続けている様な変な感覚であり。






尾崎豊が他界して25年。






息子がうり二つの歌声で世に問うようで。






わたしもあの時代から紆余曲折を経て、25年生きてはきましたが






70億人に迫るこの地球の人口の中で、大切な人が一人世を去っても






何も変わらず太陽とお月の元で繰り返される日常。






そんなこんなを日々続けていったい何になるのか?






これらの常に頭の中にある疑問と自問自答を繰り返しながら






あれこれ考えている深夜2時、ふらっとまた何処かへ行きたくなりますね。






SMAPだって、そりゃ解散はさせられたにしても、同じ形で永遠はないですよね。






今生での役目を終え、息を引き取り冷たくなった頬に手を触れると、この物質世界の実情が見えます。






やはり重きをおいて森羅万象に対峙するものはこの我々一人ひとりの魂であり






これはバーチャルなのか現実なのか、答えは永遠に見つからない誰かの仕組んだゴールなき旅なのでしょう。






これはキツイですね…






だから人はなにかしら目標を持つのです。 きっと。






そうでないと人生長すぎてやってられないから。






それでも後世を担う子供達に、きれいな日本国と地球を残したく、明日も生きましょうか。






でも生きるのは楽しいですよ。(笑)




f0349904_03102430.jpg
           人は少々憂鬱が丁度いい。




にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村



出張撮影は伊勢を中心に、京都、鎌倉、沖縄 全国どこへでも!田島写真館・田島源夫写真事務所




by ShoelessEarth | 2017-06-27 03:16

当時の恩師にそそのかされて写真の道に入ったのが17歳。19歳の時、ミャンマーの民主化解放指導者アウンサンスーチー女史に感銘を受けて、一眼レフ二台を持ってミャンマーの首都ヤンゴンを目指してタイからカンボジアを目指すも途中で資金不足でやむなく帰国(笑)あれから紆余曲折ありましたが、古着屋、エビ屋を経由して、ようやく本道へ。さてさて!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31